42.エスプレッソの話

f:id:mr565san:20191025125204j:image

昨日、丸亀のコーヒー屋さんと話していた話。

 

先日、東京のとあるコーヒー屋さんに入った時のこと

 

ハンドドリップメニューの中にロブスタ種のコーヒーがあり、


「なんでロブスタを出してるんですか?」
と聞いたところ、

 

「これはビターなコーヒーです」
みたいな感じの返しで


これといった返答をしてもらえなかったんですよねーみたいな話をしていた(この時のロブスタはウガンダのロブスタ。その時は飲まなかったので今度飲みに行ってみよう!)

 

ロブスタ種とは、、、(詳しくは東京に帰ってから追加します!気になる方は検索検索!)

 

なんとなく、日本では?カサ増しのために、とか
缶コーヒーやインスタントコーヒーに使われているイメージのあるコーヒーの種類

 

兎にも角にも、そのまま飲むよりも加工品にするイメージがありました

 

。。。

 

今日はそのコーヒー屋さんから聞いて目からウロコというか、これは知らなかった!となったロブスタやエスプレッソのことのメモ(平成18年にイタリアに行った時の話を元に)

 

・イタリアのエスプレッソはロブスタを使ったブレンド
今はわからないが当時は、シングルオリジンという考え方はない。ブレンド一択。僕がいだいていたようなカサ増しのためにロブスタを使うのではなく、エスプレッソの味をつくるためにロブスタを使う。なんで使うの?と聞くと逆になんで使わないの?みたいな返答があったらしい

 

・焙煎度は深くない
イタリアンローストという言葉があるくらいなので、やっぱり焙煎度はかなり深いのかと思いきや、実際の焙煎度はシティローストから深くてもフルシティくらいだったとか。シアトル系のエスプレッソの方が深煎りとのこと。

→なんでイタリアンローストって言うんだろう?

 

・分業制のコーヒー
向こうのコーヒー業界は分業制。当時、自家焙煎店はほとんどなかった。

 

・イリーの話
僕が初めてイタリア系のエスプレッソを飲んだお店がilly(イリー)を使っていたので、イリーがスタンダードなのかと思いきや、今のことはわからないが、
当時のイタリアのエスプレッソはロブスタが入っているもの。そんな中、イリーはアラビカを使ったコーヒーを歌っていたそうで、大衆向けというよりかは高級志向のブランドだそう。


普段、ハンドドリップばかりで全然知らないエスプレッソの世界をちょっと知ることができました。

 

改めて思うのは、その国、その国でそれぞれのコーヒー文化があるということ。

 

日本の当たり前が、世界の当たり前ではない。

 

いやー!イタリアにエスプレッソを飲みに行きたい!

 

世界のコーヒーをもっと知りたい。

それでは〜!

41.きっかけの話「かき氷」

f:id:mr565san:20190923083457j:plain


この夏、国立にある

本とまちのコミュニティスペース「国立本店」で行われた夏のイベント「くにたち夏のほんまつり」に参加しました。

 

僕が声をかけてもらったのは、以下の企画。

 

●「おいしく、とける」1冊選書
くにたち・本・ものづくりに関わる方々を中心に、
国立本店の緩やかなネットワークでつながる方たちに
「おいしくとける」1冊を選書していただきました。
疑問がとける、価値観が混ざり合う、境界線が引きなおされる…
いろいろな意味を含んだこのテーマに
選書者はどのように向き合ったのでしょうか。
集まった本は58冊。選書者の活動と選んだ想いを
コメントシートともに展示します。

 

特にひねらず、テーマのまま本を選びました。

その時、書いた文章は僕がかき氷をはじめるきっかけになったこと。

 

ブログにも貼っておこうと思います。

 

- - - - - - - - - - - -

f:id:mr565san:20190923083325j:plain

■タイトル:ひんやりと、甘味 

■出版社:河出書房新社

■刊⾏年:2015

■選書者情報: 名前/藤田 一輝 肩書/かき氷 頂  

 

「コメント」

ひんやりとした甘味にまつわるエッセイをまとめた本。

 

読んでいると自分にもひんやりと溶けていく甘味の記憶があることを思い出した。

 

僕がかき氷を始めたきっかけの話。

 

- - - - - - - - - - - -

 

7年前。国立市の駅からほんのすこしだけ歩いたお店に入った時のこと。

 

その日は、暑い日だった。日陰に入ってもじんわりと汗がにじむ。

 

普段は店主が作る匙の販売やセレクトした雑貨の販売を行なっている店だが、時折、つながりのある作家の展示やイベントを開催することもあるようだった。

 

その日は、イベントの日だった。かき氷屋さんが出店していた。

 

店内には熱気がこもっていた。

それほど広くはない店内で、老若男女集まった人たちが氷に夢中になっている。

 

シャクシャク、カラン。シャクシャク、シャクシャク、カラン。

 

昔ながらの手回しのかき氷機で削られる氷の音と、シロップの入った瓶にレードルを入れる音だけが店内に響いていた。

 

その時、僕が食べたかき氷は檸檬。ほろ苦いシロップ、口に入れるとフワッと溶けてしまう氷が体を冷やしていく。

 

かき氷を食べて一息つくと、店内に吹き込む風が涼しげに風鈴を鳴らしていた。

40.今年も夏をいただきました

f:id:mr565san:20190923081344j:plain

今年の夏もいただきました!
 
先週末の3日連続いずん堂出店を持ちまして今夏のかき氷出店が全て終了しました!

 

f:id:mr565san:20190923081430j:plain


最終日は初心に戻って、青色の頂帽&小平氷室の氷で臨みました。
7年間続けたかき氷もこれにて一区切り。
 
今年もたくさんの方々がかき氷を楽しみに来てくれました。様々な場所で、タイミングで、出会った方々が、わざわざ、かき氷を食べに来てくれる。
 
普段はこの方々が同じ場所にいることはなかなかないであろう、そんな場面の連続でした。かき氷を削っているとゆっくり話せないことも多く、歯がゆさを感じる反面、そんな場面に立ち会えた嬉しさを噛み締めながら氷を削った夏になりました。
 

f:id:mr565san:20190923081441j:plain


これまでをすこし振り返ってみる。
きっかけは2012年の夏、国立にあった匙屋さんで出張かき氷をしていた由井さんのレモンかき氷に感激し、かき氷にハマる。そして気がつけば、かき氷機を買ってしまっていた大学生1年生の冬。
 
そういえば最初、鷹の台の家に届いたかき氷機は運送会社のミスでボディーが粉砕されたものだった。
 
返品交換してもらい、新たなかき氷機でいざ!なんて思ったけど、、
 
まず氷を売っている場所が分からない、通販で手に入れた氷をどうやってかき氷機にセットするか分からない、もちろん自分でシロップはつくれない、なんとか削った氷をボウルに盛って作ってもらったシロップをかけてみるも、それはまるで口どけの悪いシャーベットみたいで、、、

 

f:id:mr565san:20190923081624j:plain


その後も、
 
初陣では、アイスピックを忘れ氷をセラミック包丁で割ろうとするも包丁が折れる(弁償して赤字?)
いずん堂のお二人が夏のイベントに声をかけてくれるが、テンパって手を切ってしまい夏が終わる。
刃を錆びさせる、道具がカビる、シロップが焦げる、レンタカーで出撃して赤字、カキゴーラーからの酷評、などなど
 
振り返ってみるといろんな失敗ばかりで、、
 
でも、
テンパってバタバタしてしまうのに毎年出店してみないか?と声をかけてくれる方がいたり、全然うまく氷を盛れなかった頃から僕のかき氷を食べるのを楽しみにしてくれる方々がいてくれたおかげで、すこしずつですが、ちょっとは楽しんでもらえるかき氷を削れるようになってきている気がします。
 
僕のかき氷を食べに来てくれたみなさま
出不精な僕のかき氷に声をかけてくれたみなさま
そして、いつもかき氷の出店をサポートしてくれた方々
 
ここまで本当にありがとうございました!
 
来夏はどうなっているか分かりませんが、今はまず一息。
 
これまでのかき氷を通じて体験できたことを噛み締めつつ、、

 

f:id:mr565san:20190923081849j:plain
 
・・・
 
〈これまで登場したメニュー〉
古いものからざくっと、、
いちご、檸檬、みぞれ、コーヒー、コーヒーゼリー、ブルーベリー、キャラメルコーヒー、ココア、大人のココア、フルーツポンチ、大人のフルーツポンチ、いちばん星、きなこミルク、ルバーブソルダム、大石早生、黒蜜コーヒー、黒蜜コーヒーきなこ、八朔、宇和ゴールド、梅、すももミルク、かぼちゃ、白桃(暁星)、プラム、
 
〈コラボメニュー〉
&いずん堂
とっておき(きなこと小豆)、とっておき(中秋の名月)、とっておき(ももDX)
&NODE UEHARA
ティラミス、トマト、オレンジ

 

📸写真は磯田さんから
いつもいつもありがとうございます!!!

39.こんぴら街道をあるく

f:id:mr565san:20190628174014j:image

こんぴら街道とは江戸時代「こんぴら参り」のために使われた道。

 

街道は5つあり、今回はその1つ「丸亀街道」を歩いてきました。

 

丸亀街道の始まりは、現在のJR丸亀駅の北側にある太助灯籠。そこから琴平の高灯籠までの150丁(約12Km)の道のりです。

https://www.city.marugame.lg.jp/sightseeing/spot/konpirakaido/

 

そもそもの始まりは、6月のはじめにポイトラを一緒にやっているハタさんが二十歳の頃に歩き遍路をしたと聞いたこと。

 

ハタさんは終始イライラしたお遍路だと言っていたけど、野宿や空腹、入院など、歩き遍路の体験をその時の写真と一緒に見せてもらった自分にとってそれはなかなか魅力的なことのように思えた。(あとはなんでイライラするんだろうという疑問も。)

 

いつかはお遍路をやってみたい

 

とは言っても、「それはいつかその時がくれば」というような感じだろうか。

 

お遍路、歩くこと、香川といえば、、こんぴら参りがあるじゃないか。そんなことをふと思いついたのだ。

 

そうと決まれば、歩こうじゃないか。

 

香川県案内のために帰省した今回。梅雨の晴れ間にいつものTシャツ、短パン、スニーカーという出で立ちで歩いてみた。

f:id:mr565san:20190628174041j:image

始まりは、丸亀港にある太助灯籠。

いざ歩こうと思ってから気づいたが、こんぴら参りをするための道しるべはまちの中のそこかしこにある。なんだか贅沢かもしれないが、生活に馴染みすぎている。

 

太助灯籠ひとつとってみても、小学校、中学校、高校、それにまつわるさまざまな思い出や話したいことがあるが、それはまた別の話。

 

いざ、街道を歩く。

商店街(通町)のアーケードにちょっとだけ入って道は右に折れる。

f:id:mr565san:20190628174139j:image

今、使われている駅前の通りから一本入ったところが旧街道。

 

この道、なんか良いなー。なんだろう、ちょっと良い空気をまとったものが多い感じ。

そのまま、南下する。

f:id:mr565san:20190628174213j:image

中府の大鳥居を抜けると、そろそろ自分の地元に入る。小学校区だ。

小学校のころ、遠くの友達の家に行くのに歩いた道。雰囲気が怖かった路地裏。変わったところも変わってないところもある。

 

国道11号線を越え、高松自動車道も越えていく。(高速は越えるではなく、くぐって行くと言った方が正しいのかな?)

f:id:mr565san:20190628174241j:image

中学の自転車を買った店や、部活の後輩が住んでいたマンションの側を通り過ぎると、いつの間にやら街道は車通りの多い道から農道になる。

 

今日の最高気温は32℃。あつい、

農道に入ると人通りも少ないから、コンビニや自動販売機もないことに気づく。

f:id:mr565san:20190628174348j:image

さらに南下して、朝ごはんを兼ねてうどんを食べる。汗をかいた後はぶっかけの出汁の塩っ気がちょうどよい。

 

ちょっと休憩してまた歩く。この辺りは、高校を休学していた頃に夜な夜な遊びにきていたエリア。

 

こんぴら街道の道しるべを記している地図には、茶堂の跡がところどころ記されている。

 

10kmちょっとの道を昔の人はどのくらいの速さで歩いたのだろうか?

お茶屋で休憩するのも楽しみにひとつだったのかな?

f:id:mr565san:20190628174440j:image

こんぴらさんがチラリと見え始めたが、なかなか距離は縮まらない。

はやる気持ちがないわけではないが、百二十四丁石を過ぎたあたりの木陰ですこし休憩をした。

f:id:mr565san:20190628174455j:image

すこし足が痛くなってきたころに石の鳥居が見えた。

JRの線路の下をくぐり、ことでんの線路を渡ったらいよいよ琴平のまち。

f:id:mr565san:20190628174505j:image

昔はきっと遠くからでも見えたのだろうが、僕はかなり近づいてから高灯篭に気づいた。

 

かかった時間は休憩込みで4時間ちょっと。

歩いたのは丸亀の港から金刀比羅宮のお膝元まで。

普段なにげなく目にしている道しるべを改めて探しながら歩くのは面白い。

 


昔の街道のおもかげを感じた場所はたくさんあった。

 

しかし、それよりも
道を歩いていると、その場所その場所で
様々な人たちとの記憶が思い返されたことに驚いた。

 

道と記憶は繋がっている。

38.香川県案内にむけて

f:id:mr565san:20190627210643j:plain

香川県に帰省しております。

 

今週末は年に一度の香川県案内です。
思い返してみると始まりは大学を卒業した2016年。

 

その年に初めて参加したAMCC(旭川木工コミュニティキャンプ)での体験と、一緒につくし文具店の検品をしていた不動さんが貸してくれた伊藤洋志さんの本「ナリワイをつくる」を読んだこと。

 

この二つがきっかけで始まった気がします。

 

もっと香川県のことが知りたい。
東京の人に香川県のことを知ってもらいたい。
香川県に自分が帰る機会をつくりたい。
なんて事を思いながら、、

 

2年目からは

その年に新たに出会った方々の拠点を巡らせてもらったり、自分自身が話を聞いてみたい人にアポを取って伺わせてもらったり

 

3年目は

自分の高校の同期が手伝ってくれたり

県内から参加してくれる方がでたり

 

ちょっとずつですが、変化しながら

毎年、新しい発見や出会いに恵まれながら続けてこれました。

 

今年は帰省と同時に梅雨入り&台風発生

→1951年以降もっとも遅い梅雨入りとか!?

 

先がちょっとだけ思いやられますが、

 

4年目の今年もしっかりと楽しんで!
2泊3日、めっちゃ運転してきます!

 

37.香川県帰省〈後半戦〉

こんにちは!

f:id:mr565san:20190310083908j:image

ついに香川県帰省も後半戦。

 

香川県のまちと関わることがやってみたい。
そう言い始めて、まあまあ時間が経ちました。

 

今回の帰省では、関わってみたいプロジェクトがいきなり現れてびっくり。

 

そんなラスト三日間のことを書きます。
もう少しだけお付き合いくださいませ~!

 

- - - - - - - - - -

7日目3/4:二度目の灸まん美術館
再び灸まん美術館へ:実は帰省4日目に灸まん美術館を訪れた際にはタイミングが合わず、西谷さんと会うことはできませんでした。(いきなり伺ってすみません、、!)

 

再度、西谷さんと日程を調整して灸まん美術館へ。

 

ゆっくりとお話を伺うことができました!
西谷さんは和田邦坊の研究を10年近く続けているそう。

 

お話を聞きながら、展示を見るといろいろな気づきがあり見え方も変わります。

 

邦坊さんゆかりの場所やデザインを巡るまちあるきを企画することもあるそうで、是非いつか僕も参加してみたい!

 

f:id:mr565san:20190310090104j:image

 

香川県のお土産事情トーク。おいりはやっぱり紅白の箱!そして、博物館的な視点から見た香川県の話はいろいろ目から鱗

 

今回お話を伺うまでは、なんとなくギャラリーのイメージが強かった灸まん美術館。これからは企画展を見にいくのも楽しみになりました!

 

西谷さん
お時間割いていただきありがとうございます!
また香川県案内ではよろしくお願い致します!
古墳とコーヒー企画もやってみたいです!

 


お昼ご飯はやっぱりうどん:なかなか行けていなかったうどん屋さん「うどん 松ゆき」へ伺いました!「純手打うどん よしや」のインスタ投稿で#今日の松井さんのマカナイ を楽しみにしていたのが懐かしいです。たまごとじ あんかけうどん、肉ぶっかけ冷 をいだたきました。お元気そうで良かったです!

 

f:id:mr565san:20190310084115j:image

 

アツアツの「たまごとじ あんかけうどん」のあんを思いっきり服に飛ばして内心ヒヤヒヤだったのは別の話。

 

 


夜はグットネイバーズコーヒー:丸亀にあるサンドイッチがおいしいコーヒー店。グットネイバーズコーヒーへ。知らない間に高松にもお店ができている??

 

→ちなみに、僕が以前いたのはビーアグットネイバーコーヒーキオスク。

 

市役所の立石さんとCONNECTの高木さんとお話。

f:id:mr565san:20190310084813j:image

立石さんと初めて会ったのは、2016年に丸亀で行われたリノベーションスクール。高木さんとは、昨年6月に丸亀で行われたイベント「第5回丸亀市リノベーションまちづくり構想検討会議」で少しお話をして以来。今回の帰省の話からはすこしズレますが、香川県は2004年に都市計画区域の再編を行い、全県的に線引きを廃止しました。藤田の実家の南側もかつては市街化調整区域。線引きが廃止された時は開発が始まると聞いてなんとなく喜んでいましたが、家の周りに広がっていた田んぼがどんどん宅地化されていくのには寂しさを感じています。

 

もう一度同じ風景に戻すのは難しいと思うけど、残された農地でいつかなにかやってみたいなーと思ってます。

 

すこし長くなりました、、!話は今回の帰省に戻ります。

 

立石さんが高木さんと改めてお話しできる機会を設けてくれました!

 

CONNECTは僕が高専時代によく通っていたお店。以前、香川県案内でもゴールドクラフトさんの商品の取り扱いがあると聞いて伺ったことがあります。最近では、家具雑貨の販売だけでなく、デンマーク王立アカデミー(KADK)建築学科とのリノベーションプロジェクトを推進していたり、本島でカフェスペースの運営を始めたそう。

 

お話を伺っていて、デンマークと日本を行き来するグローバルな活動と丸亀の沖にある本島での活動、マクロとミクロが繋がっていてとても興味深かったです!

 

KADKとのリノベーションプロジェクトの様子を投稿しているFacebookページはこちら→port360 - ホーム | Facebook

 


関わりたいこと:話は丸亀の駅周辺のことに移ります。

 

f:id:mr565san:20190310090303j:image

 

丸亀の駅前には建築家の谷口吉生さんが設計した美術館「猪熊弦一郎現代美術館(ミモカ)」があります。現在、長寿命化工事のため2020年の3月まで休館中。

MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

 

美術が苦手だった自分が中学生のころ、一回だけ美術の授業で描いた作品を飾ってもらえたのはミモカ美大受験を目指していたころは展示を先生と見に行ったり、武蔵美建築学科に在籍してからは帰省の折に建築を見に行っていました。

 

f:id:mr565san:20190310090456j:image

 

そんなミモカにはカフェがあります。空間が良いのはもちろん、ケーキとコーヒーのセットがとても美味しくて、雑貨のセレクトも面白かったカフェレスト MIMOCA。香川県案内でも参加者のみんなで伺ったことがあります。ゆっくりしすぎて、その後の行程がパツパツになったり、、

 

昔、夜カフェを企画していたことがあって、その時、デュラレックス ベルメイルに蝋燭を入れてテーブルランプにしていたのがカッコ良すぎて、いろんな人にベルメイルを買ってプレゼントしていた時期が僕にはある、、笑。ベルメイルはいまだに使っていて、いつもコーヒーを淹れに行く時、テーブルの上に出しているアンバーのカップがそれ。

 

f:id:mr565san:20190310090559j:image

 

と、勝手に思い入れのある場所になっていました。
カフェレスト MIMOCAはミモカの長寿命化工事に伴い閉店。再開館後の営業については未定と聞いています。

 

いつもそこにある場所がいつまでもあるとは限らない。

 

丸亀の中にある自分にとって気持ち良かった場所、みんなを連れて行きたい場所を守りたい。

 

モカのカフェを残すために関われることがあるならば関わりたいです。

 


■8日目3/5:本島へ行く!
前日、お話を伺った高木さんと一緒に本島に行きました!

f:id:mr565san:20190310090908j:image

 

高木さんが新たに手がけているカフェ、Honjima Standは本島観光案内所の中にあります。

Honjima Stand 営業中です! | CONNECT BLOG

 

f:id:mr565san:20190310090754j:image

 

丸亀から通っているスタッフの方々と一緒にフェリーで本島に向かいます。Honjima Standの料理をメインで手がけている岩井さんは、友人の弟ということが分かりびっくり!!

 

f:id:mr565san:20190310091110j:image

 

本島にゆかりのある食材を活かした美味しい天むすやジェラートなど、いろいろと試食させていただいたお礼に、コーヒーを淹れました。お店の形態やどんな味を目指したいかによってちょうど良い淹れ方があると思います。参考になったなら嬉しいです、!

 

高木さんとスタッフの方々と一緒に島あるき。本島は瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっていますが、東側の島々に比べると会期外はのどかな印象。

 

f:id:mr565san:20190310091246j:image

 

そんな本島には、香川県内唯一の伝統的建造物群保存地区があります。まだ見に行ったことがない方は是非一度見に行ってもらいたいです。

観光・イベント・スポーツ:歴史・文化財:笠島重要伝統的建造物群保存地区 | 香川県 丸亀市

 

 

行こうと思えば、本島までフェリーで40分。島は思ったよりも近い場所にあります。瀬戸内の景色を堪能する。島の時間はもっと楽しめる。

 

香川の暮らしと島の使いこなし方には、おもしろい関係がありそうです。


そして、Honjima Standがこれからどのように育っていくのかもかなり楽しみにしております!!

 

f:id:mr565san:20190310091447j:image

 


夜は初0番地:夕方のフェリーで丸亀に戻ってからは「純手打うどん よしや」の大将 山下さんとご飯に行きました!なんやかんや初めての0番地。カウンターの上には大皿にのった料理が並べられていて良い雰囲気。二人でご飯は初めてでしたが、いろんな話を伺えました!うどんとコーヒー。香川と東京。服とカフェ。場所や年代を越えて、様々なレイヤーとジャンルを繋げていくよしやの大将にはいつもお世話になりっぱなしで、、!また、いろんな報告ができると嬉しいです!

 


■9日目3/6:上京準備

9日目は1日かけて上京準備。

 

朝はもちろんうどん!
讃さん広場は水曜定休!
祖父から大量のじゃがいもをいただく!
おいしいもの広場のカルビ屋大福の平日ディナーは美味しい!

夜行バスに乗り込んで、今回の帰省はおしまい!

 

- - - - - - - - - -

 

だらだらと長い文章を書いてしまいましたが、今回の帰省は本当に良かったです。

 

新たな出会いに多く恵まれ、もっと見に行きたい場所もできました。

 

なにより、丸亀で関わりたい場所が見えたことが大きな収穫です。

 

f:id:mr565san:20190310085441j:image

 

次回は、夏前くらいに帰省予定です。

 

8泊9日間にお会いしたみなさま
いろいろとお時間をさいてくださり本当にありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願い致します!!

 

それでは〜!

36.香川県帰省〈中盤戦〉

こんにちは!

f:id:mr565san:20190308121046j:image

香川県帰省は前半戦を終えて中盤戦へ!

 

えっ?後半戦じゃないの?という方
もう少しだけお付き合いくださいませ、!

今回の帰省は書きたい事がありすぎる、!

 

- - - - - - - - - -

f:id:mr565san:20190308121118j:image

■4日目3/1(金):確定申告へ!

朝から確定申告へ!

 

受付の方に書類を渡してサッと退散

 

今年は(も?)家族の力を借りまくりの確定申告でした!もう少し、ちゃんとやらんと、、!

 

灸まん美術館へ:先月、清里で行われたキープ協会が主催するイベント「つなぐ人ファーラム」。そこで知り合ったのが西谷さん。

つなぐ人フォーラム | 公益財団法人キープ協会

f:id:mr565san:20190308122039j:image

(フォーラムのちょうどいい写真はなかったけど、清里は最高でした!)

 

その西谷さんが企画している展示「邦坊さんの縁起物」を見に行く。

f:id:mr565san:20190308182833j:image

和田邦坊という名前を聞いたことがある人はどれくらいいるのだろうか?名前こそ聞いたことないが、邦坊さんの手がけた作品(グラフィック?)は香川県民ならば必ず見たことがあるだろう。灸まん、かまど、ひょうげ豆をデザインしたのは邦坊さん。そんな邦坊さんが手がけた縁起物をたくさん見ることができる展示でした。香川県の方は是非。

Kyuman Art


丸亀の南側に広がるゴールデンルート散策:なんて、自分が勝手に言っているだけなのだけど、丸亀の南側には面白いお店が両側に立ち並ぶ道がある。調べてみると道の名前は県道22号善通寺綾歌線。少しだけ紹介してみます。

 

BAR MOTORE:東京でも修行経験のある店主の岡部さんは、日本バリスタ協会が主催するバリスタグランプリを二連覇した方。香川でイタリア系のエスプレッソを楽しむならばここ以外にないと思ってます。

パティスリーもりん本店:県内では多店舗展開しているもりんの本店。クッキーをお土産に買って行くと喜んでもらえます。コーヒーとの相性も○。

浦島餅店:ふわっふわのお餅が食べたい時はここ。食感が日持ちしないので東京にはなかなか持って帰れないが、近くを通った時には是非とも食べてもらいたいお餅。すぐに売り切れてしまうので午前中にいくのがオススメ。

うつわ 楓:コーヒーも大好きな店主が営む作家物のうつわ屋さん。企画展も多く手がけていて覗くといつも新しい出会いがあります。今回は、牛窓に移転した匙屋さんの匙を見つけてちょっと嬉しくなりました。

うつわ 楓

CONNECT:県内で北欧のデザインを体験するならばここしかない。高専時代は、たくさん刺激をいただいてました。最近すこし先に移転してさらにパワーアップして営業中。北欧、デンマークの家具を一層楽しめるお店になっています。

CONNECT BLOG

北欧 インテリア | CONNECT(コネクト) 北欧家具・雑貨 通販サイト

KITOKURAS:丸亀からだと少し時間がかかるけど、まだ行ったことがない人は是非行ってもらいたい。山一木材さんが手がけている、無垢材の良さ、木のぬくもりを感じるお店です。個人的には木片に試験管をさした一輪挿しがお気に入り。

KITOKURAS by 山一木材「木と暮らすこと伝えたい」

 

以上6店舗。全て寄り道すればお腹も心もきっと大満足?

最近、琴平方面にも好きな場所が増えているのでコースの延長を検討中。

 


■5日目3/2:瀬ト内工芸ズ

f:id:mr565san:20190308184704j:image
朝:午前中から高松。時々イベントで深煎りのコーヒー豆を使わせてもらっているプシプシーナ珈琲さんへ。焙煎と抽出をしているお店でコーヒーを飲ませていただくと、その豆でどんな味を出そうとしているか知ることができます。僕が好きなのは季節限定の「枯葉ブレンド」、どっしりとしたコクのある「エクアドル」です。その後、観覧車のある宮脇書店、ルビー商会、こがね製麺所を経由して、午後の約束の場所へ。

自家焙煎 プシプシーナ珈琲

 

今日の目的は、瀬ト内工芸ズの得丸さんに会うこと。

 

ソトコトの2月号に特集記事が掲載されていた瀬ト内工芸ズ。帰省に合わせて、できるならば会ってお話が聞いてみたい!とソトコト編集の坪根さんに繋いでいただきました!

 

得丸さんからは、瀬ト内工芸ズのこと、三木町での新しいプロジェクトや、瀬戸芸との関わり、オリジナルプロダクト、マレーシアをはじめ東南アジアでの活動、VJの話などなど、、

 

かなり興味深いお話をたくさん伺うことができました!ありがとうございます!
次回、香川県案内やいろんなところで是非お力を借りられると嬉しいです!

瀬ト内工芸ズ。GOOD DESIGN GOODS FOR SETOUCHI


■6日目3/3:香川県で初コーヒー焙煎

f:id:mr565san:20190309073539j:image

午前中:珈琲倶楽部のマスター大西さんにお声かけいただき、フジローヤルの超小型焙煎機「ディスカバリー」で焙煎体験することに!焙煎する豆は、帰省初日にぼーくんからもらったミャンマーのコーヒー豆。

 

基本的な焙煎の方法を教えてもらい、いざ挑戦!


焙煎機内の温度が5℃違うと味にどんな違いが出るのか?


一度焙煎したコーヒー豆をもう一度焙煎するとどうなるのか?←怪我の功名

 

焙煎の世界は面白い!
コーヒーは、栽培→精製→焙煎→抽出とさまざまな人たちの手を巡ってカップの中の一杯になります。抽出の世界だけでも、まだまだ分からないことばかり。一歩手前の焙煎からコーヒーに関わることができるようになると更に未知の世界が広がっていくように感じています。いやはや、本当にコーヒーはどこまでやっても楽しいが終わらない。

 

大西さん
いつもありがとうございます!!!

 

ちなみに、東京でこの時に焙煎したコーヒー豆の飲み比べ会も企画予定です!

イベントページはこちら→〈マニアックドリップ」

 


午後:森岡さんと喫茶店を巡りながらお話。

 

森岡さんは、謎多き方です。うどんを打ったり、物件ファンという不動産情報サイトで記事を書いていたり、、、

物件ファン

 

これまたソトコトの坪根さんに繋いでいただきました!初めてお会いしたのは新宿ワープで行われたうどん会。ひたすらうどんを打ち続ける森岡さん、僕はひたすらうどんを食べ続ける。ドイツでもうどんのイベントを開催したりするそう。会場にはたまたまドイツ旅行中にそのうどんを食べたという参加者の方も、!

f:id:mr565san:20190309074003j:image

うどんはお店で食べるものと思っていましたが、自分で打てると場を作ることはもちろん、日本を飛び出すこともあるのかと、驚く。

 

すごいぞ。讃岐うどん

 

そして、話をしてみると、なんと!地元が一緒!中学も一緒!
またお話しましょう!ということになって今回。

 

実家近くのハローズ(中四国ローカルスーパー)で待ち合わせ。森岡さんはFIATの素敵ヴィンテージカーで登場。まさかパンダに乗せてもらえるとは、、!

 

善通寺の偕行社カフェ→林田の珈琲屋 松尾
茶店をはしごしながらいろんなお話を伺いました。

 

プランニングディレクター
みんなの家、不動産のあり方、森岡さんならではの視点、様々なプロジェクトの話は大変興味深かったです。

 

ポイトラに繋がりそうなアイデアもありがとうございます!
もっと様々な形の移動を楽しめる物に育てていきたいです。

 

今後とも何卒よろしくお願い致します!

 

その他:夜は丸亀にできた「いきなり!ステーキ」へ。まさかのガラガラ、、!

 

- - - - - - - - - -

 

そんなこんなの香川県帰省中盤戦

 

話に夢中になりすぎて写真がない、、

 

次回最終回!
香川県帰省〈後半戦〉に続く!

 

それでは〜!